更年期障害と自立神経失調症の違いとはどのようなものでしょうか?

更年期障害のおもな症状の1つが自律神経の乱れです。卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌量が減少すると交感神経が優位にたった状態が続いてしまうため、副交感神経とのバランスが崩れてしまうのです。その結果イライラや怒りっぽさといった精神面の症状や火照り、のぼせといった身体面の症状があらわれるのです。

自律神経失調症に悩まされる女性が増え、更年期障害の発症が早まるケースも

こうした自律神経の乱れによる症状にはもうひとつ、自律神経失調症があります。この二つに症状は似たようなところが多く、判断が難しい面もあります。

 

とくに女性の社会進出が進んだことで自律神経失調症に悩まされる女性が増えたこと、一方で40代前後くらいから更年期障害の症状が始まるケースが増えたことで両者の見極めが難しくなっている面もあります。

 

どちらも自律神経の乱れが根本の原因ですから、症状そのものに大きな違いは見られません。簡単に言ってしまえば自律神経失調症は更年期障害の症状の一部と言ってもよいのです。ただ、そもそもの自律神経をもたらす原因で多少の違いが見られます。

 

更年期障害に関しては冒頭に触れたように卵巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れが根本の原因となります。体のメカニズムの関係上どうしても避けられない面もあるのです。

更年期障害と自律神経失調症の治療法は異なる

その一方、更年期障害を伴わない自律神経失調症ではストレスや不規則な生活環境、睡眠障害、無理なダイエットなどの乱れた食生活など生活習慣が原因で発症するケースが大半なのです。

 

また、症状の広さにも違いがあります。更年期障害は自律神経失調症の症状に加えて他にも心身にさまざまな症状が見られるようになります。肩こりや頭痛、腰痛のほか、冷え性、動悸、息切れ、肌トラブルなど。自律神経失調症よりも広い症状が見られます。

 

こうした違いは対策・治療方法の違いとなってあらわれます。更年期障害の治療に関してはホルモン補充療法やイソフラボンをはじめとしたエストロゲンと似た働きをする成分を補うなどホルモンバランスの調節が第一となりますが、自律神経失調症の場合は薬物治療に加えて生活習慣の改善などの対策が求められます。

 

こうした違いを踏まえたうえで心身の調子が悪い時にはどちらの疑いがあるのかを判断しましょう。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

更年期対策に最初に使ってみたい人気サプリ

キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

更年期サプリおすすめ

更年期はこのサプリから!更年期対策に必要なものが全て入った大豆イソフラボンの人気サプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる
エクオール+ラクトビオン酸

更年期サプリおすすめ


ほてり、イライラに…婦人科専門医との共同開発から生まれたエクオール配合サプリ
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる
白井田七(しらいでんしち)

白井田七

更年期の健康と美容に累計10万本!楽天ウイークリー1位の人気和漢サプリ
6,480円→3,980円税別(定期初回価格)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる
高麗美人

更年期サプリおすすめ

サポニンは大豆の7.7倍!乱れがちな40代からの美容と健康に役立つサプリ
3024円税込→2721税込(定期コース)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる