50代では4割が高血圧!更年期の高血圧の特徴と対策とは?

更年期には生活習慣病のリスクが上昇することが知られています。糖尿病がとくに有名ですが、もうひとつ注意したいのが高血圧。じつは50代の4割が高血圧とも言われており、「更年期の症状のひとつ」では片付けられない厄介な問題となっています。

更年期にはエストロゲンが減少し血行が不安定になるため高血圧になりやすい

更年期サプリおすすめ更年期高血圧

更年期に高血圧が起こりやすい背景にはいくつかのポイントがあります。まずエストロゲンの減少によるホルモンバランスと自律神経の乱れ。

 

更年期に入って卵巣機能が低下すると脳の視床下部の支持どおりにホルモンを分泌することができなくなってしまいます。その結果脳と体の間で混乱が生じ、ホルモンバランスだけでなく自律神経も乱れやすい状態になってしまうのです。

 

更年期の症状にめまいやほてり、ホットフラッシュなどがありますが、これらは自律神経の乱れによる血行の不安定化によって起こります。

 

交感神経と副交感神経によって成り立っている自律神経のバランスに乱れが生じ、交感神経が優位な状態が続くと血管が収縮し、逆に副交感神経が優位な状態が続くと拡張します。

 

血管が収縮しているときは血行が悪化し、拡張すると血流が活発になる、これが急速に起こることからのぼせやホットフラッシュといった症状が見られるようになるのです。

 

ですから、交感神経が優位な状態が続いて血管が収縮した状態が続いていると血圧が上昇し、高血圧の症状が見られるようになります。そのため更年期の高血圧はホットフラッシュやのぼせの症状と併発することが多く、見極める際の重要な手がかりにもなっています。

更年期の高血圧では日頃から体重や血圧をこまめにチェックするなどの対策が必要

更年期サプリおすすめ更年期高血圧

さらに内臓脂肪が蓄積しやすくなる点も高血圧をもたらす大きな要因です。これは糖尿病ともかかわってくる問題ですが、エストロゲンの減少は内臓脂肪を蓄積しやすい環境をもたらしてしまうことで更年期前と同じ食生活を送っていても体重と体脂肪が急激に増加してしまうことがあります

 

それが血糖値、血圧の上昇を招いてしまうのです。しかもエストロゲンにはコレステロールや中性脂肪の値を調節する働きもあるため、減少することで血圧が上昇しやすい面もあります。

 

このように更年期は血圧が上昇しやすく、高血圧のリスクが高まります。

 

先述したようにホットフラッシュなどの症状が見られる方や体重の増加が気になる方は血圧を日ごろからチェックし、高血圧のリスクを抱えていないかどうかを確認する習慣をつけましょう。

 

そのうえで食生活の改善やストレスの解消、大豆イソフラボンなどでエストロゲンの減少を補うといった対策を行い、できるだけ血圧を安定させる生活を心がけていきたいところです。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

1.更年期対策に最初に使ってみたい人気サプリ

高麗美人 編集部オススメ!

更年期サプリおすすめ

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!
キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

更年期サプリおすすめ

更年期対策に必要なものが全て入った大豆イソフラボンの人気サプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)
>>公式HPで詳しく見てみる!
エクオール+ラクトビオン酸

更年期サプリおすすめ


ほてり、イライラに…婦人科専門医との共同開発から生まれたエクオール配合サプリ
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)
>>公式HPで詳しく見てみる!

2.更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

桂枝茯苓丸

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

当帰芍薬散

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品)

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!