えっ!30代で更年期?増える若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは更年期が発症しないような年齢で似た症状が現れること

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

若年性更年期障害が増えているといわれています。実際の発症率は1〜5パーセントと程度といわれており、

 

決して多い数字ではないのですが、通常の更年期障害とは異なり本来は起こるはずのない年齢に発症することを考えればやはり注意しなければならない病気といえますし、増えているといわれている背景には現代人の生活環境が深くかかわっているだけに無視できません。

 

若年性更年期障害とは簡単に言えば「若い頃に発症する更年期障害」のことです。そもそも更年期とは閉経の到来にともなって卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少していく時期のことを言います。

 

日本人の場合、平均の閉経年齢は50歳前後なのでその前後10年間、45〜55歳の間を一般的に更年期と呼んでいます。ですからこの期間よりも早い段階、若い年齢で更年期障害と似たような症状が発症するのが若年性更年期障害ということになるのです。

 

「○○歳以下だと若年性更年期障害になる」といった明確や定義こそありませんが、基本的には40歳未満、健康なら更年期の症状が現れない年齢で起こった場合に診断されます

 

この若年性更年期障害が問題なのは「本来起こりようがない」点にあります。更年期は老化の影響も含めて体のメカニズムの変化の影響で訪れるものです。

若年性更年期障害は生活習慣からホルモンバランスが乱れることが原因と考えられている

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

つまり女性なら誰もが経験し、避けられないものなのですが、若年性更年期障害の場合、30代、さらには20代の段階でこうした本来なら40代半ばくらいから起こる体のメカニズムの変化が見られるようになるのです。

 

では本来起こりようがない症状がどうして見られるのかが問題になります。老化が極端に速く進んでいるというケースも考えられますが、じつはそれよりも老化や閉経とは別のところでホルモン分泌に異常をきたしてしまっていることが多いのです。

 

つまり症状こそ更年期障害と同じですが、直接の原因はまったく異なるケースが見られるわけです。

 

研究が進んでいることもあり、若年性更年期障害のさまざまな原因が明らかになりつつありますが、その中でもとくに注意が呼びかけられているのがストレスや疲労の蓄積、睡眠不足、偏った食生活といった生活習慣が引き起こすものです。

 

そしてこれこそ、現代社会でこの病気が増えているといわれている原因でもあります。つまり特別な病気では決してなく、女性なら誰でも発症する可能性があるため、日ごろから心身の健康を心がけながらの生活が求められるのです。

 

「自分には関係ない」と他人事で考えず、心身の健康を害するような習慣を抱えていないかどうか見直してみましょう。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害の原因は乱れた生活習慣によるエストロゲンの減少

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

本来なら更年期とは縁がないはずの年齢、20代、30代に更年期障害の症状が発症する若年性更年期障害。発症例の増加や研究・治療の進歩によってさまざまな原因が明らかになっています。

 

普通の更年期障害では症状こそ多彩ですが、原因は閉経に伴う卵巣機能の低下とエストロゲンの分泌量の減少という点で共通しています。

 

しかし若年性更年期障害の場合は原因がひとつではなく、非常に幅広いケースが考えられるため、症状に見舞われた場合には自分がどんな原因を抱えているのか把握したうえで適切な対策・治療を行っていく必要があります

 

現代社会でこの障害が関心を集めるようになっている理由には生活習慣が原因として潜んでいる点が挙げられます。乱れた生活が月経不順の原因になるといわれるように、ホルモン分泌に影響を及ぼして若年性更年期障害の引き金にもなるのです。

 

具体的にはストレスや肥満の蓄積、ダイエットをはじめとした偏った食生活が挙げられます。

 

とくに現代の日本の女性は過剰な食事制限によるダイエットと栄養バランスの偏りが原因でホルモン分泌に必要な栄養素を維持できず、また鉄分不足による貧血、ビタミンやたんぱく質不足によるエネルギー不足など更年期障害と同じ症状をもたらす原因を作ってしまいがちなことが指摘されています

治療の為に子宮を取り除いたり脳腫瘍・副腎不全などの病気も若年性更年期障害の原因の1種とされる

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

さらにストレスな睡眠不足は自律神経の乱れを引き起こし、とくにイライラや無気力、倦怠感といった精神面の症状を引き起こしがちです。

 

食生活に関しては食事制限とは反対に肥満も原因になるほか、アルコールや刺激の強い辛い食べ物の過剰摂取なども原因として挙げられています。

 

このようにまず原因となる生活習慣を見直すことが若年性更年期障害の対策には欠かせないのですが、そのほか病気や服用している薬が原因で起こることもあります。

 

たとえば子宮がん、卵巣がんなどの病気のために卵巣を除去してしまったケース、珍しい病気ですが、早い段階で卵巣の機能が低下してしまう早発卵巣不全(POF)、抗がん剤や放射線治療によるがん治療なども挙げられます。

 

ほかにも一部の感染症、てんかん症状、高プロラクチン血症状、脳腫瘍、副腎不全なども原因として考えられています。

 

なお、最近の子供は成長が早いといわれますが、早い段階で初潮が訪れると更年期の到来も早めになる傾向がある、との意見もあります

 

ただこうしたケースはごく特殊なケースで、やはりまず生活環境を見直すことが第一でしょう。そのうえで病気の治療を受けている方は原因がそこにないかどうかを確認するためにも医師に相談してみるとよいでしょう。

若年性更年期障害の症状

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

若年性更年期障害の症状は基本的には普通の更年期障害と共通しています。

 

ただ年齢が若い頃はそうした症状を自覚しにくいうえに、他の不調と混同してしまうことも多く、なかなか自分が若年性更年期障害だと自覚する機会が少ないのが厄介な点です。

 

働く女性が増えている現在、慢性的に不眠や肩こり、頭痛を抱えている方も少なくありませんが、じつはそれが若年性更年期障害の症状かもしれないのです。それだけにどんな症状があるのかよく把握し、不調が続くようなら疑ってみる心構えも必要です。

 

更年期の典型的な症状としてよく挙げられるのがホットフラッシュ、ほてり、のぼせです。急に頭に血が上ってほてった状態になったり、大量の発汗が見られます。外出中や人と会っているときに起こることも多く非常に厄介なものです。

 

一度でもこの症状が見られた場合にはウェットティッシュを持参し、できるだけ風通しのよい服装を心がけるといった対策を取り入れましょう。

 

それから月経不順や不正出血。月経周期が不規則になった場合には要注意、エストロゲンの分泌量の低下でホルモンバランスに乱れが生じている可能性があります。冷えやむくみも更年期の典型的な症状です。

すぐイライラする、何事にも無関心になるなど精神的な変化も若年性更年期障害のサイン

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

エストロゲンの減少や次に述べる自律神経の乱れによって血行が悪化し血液を通して酸素と栄養を体中に行き渡らせにくくなることから冷えやむくみ、さらに倦怠感やだるさなどの症状が見られるようになります。

 

20代〜30代はとくにファッション性を重視した薄着やダイエットのための偏った食生活などで体が冷えやすい環境にあるため、その習慣が若年性更年期障害の原因になるほか、若年性更年期障害の症状を悪化させてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

精神状態が不安定になるのも厄介な症状です。エストロゲンが減少してホルモンバランスに乱れが生じることで自律神経にも狂いが生じ、すぐにイライラしたりちょっとしたことに腹を立ててしまう、

 

正反対に何に対してもやる気が出ず無感動、無関心な状態に陥ってしまうこともあります。感情の高ぶりをうまくコントロールできない、前はすごく好きだったものに関心を持てなくなった、といった変化が見られる場合には注意しましょう。

 

ほかにもめまいや動悸、耳鳴りといった症状が見られることもあります。体調不良や疲労の蓄積がもたらす症状と共通している部分も多いだけにいかに見極めて早い段階で若年性更年期障害だと判断できるか、適切な対策ができるが早期の治療・改善の鍵となるでしょう。

若年性更年期障害の治療法

若年性更年期障害の治療では一般的な更年期障害と同じ治療が用いられることが多い

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

若年性更年期障害の治療法では対症療法と根治療法の両方をうまく組み合わせて行っていく必要があります。

 

通常の更年期の場合は閉経に伴う卵巣機能の低下という体のメカニズム上避けらない原因から症状が見られるため、基本的には対症療法をメインに治療が行われていきます

 

しかし若年性更年期障害の場合は本来起こるはずがない症状がなんらかの異常によって起こっているわけですが、症状を緩和するだけでなくその異常・原因を改善しないことには根本の解決にはならないのです。この点こそ普通の更年期と若年性更年期障害との最大の違いともいえるでしょう。

 

基本的には普通の更年期障害と共通した症状が見られるため、まずそのための治療を行っていくことになります。ホルモンバランスの乱れ、とくにエストロゲンの減少が大きな原因となっているのでホルモン補充療法による治療が効果的です。

 

貼り薬や経口薬、補充するホルモンの種類、量などさまざまな方法があるため、医師とよく相談したうえでできるだけ体に影響を及ぼさない環境で行っていくことが第一です。

 

また、若年性更年期障害の場合にはホルモンバランスを調節を促す漢方薬、さらに低容量ピルなどを使用することもあります。普通の更年期と違い、本来エストロゲンを分泌する機能が残っているのでそれを改善していく治療も視野に入れているのです。

若年性更年期障害の対策では偏った食生活や乱れた生活習慣を改善するのも有効

更年期サプリおすすめ若年性更年期障害

また大豆イソフラボンやザクロエキスといったエストロゲンと似た働きを持つ成分を食事やサプリメントで摂取していく方法も有効です。

 

ただし、若年性更年期障害の場合、ダイエット目的の食事制限や偏った栄養バランスの食生活が原因になっていることが多く、こうした成分を集中的に摂取していくのではなり全体の栄養バランスと摂取量を意識した上で食生活そのものの改善を図っていくことも大事です。

 

普通の更年期の場合は内臓脂肪が蓄積しやすくなることから糖尿病や高血圧のリスクが高まり、食事や塩分の量の調節が必要ですが、若年性更年期障害の場合にはまず必要な栄養素と食事量をしっかり確保することが求められます。ミネラル、とくに鉄分と亜鉛の摂取も心がけましょう。

 

あとはやはり生活習慣の改善。無理なダイエットはもちろん、運動不足、ストレスなどにも気をつけましょう。とくに現代の女性は運動不足に陥っているケースが多く、それがホルモンバランスの乱れやストレスの蓄積、血行不良といった更年期障害の症状をもたらす原因を抱えやすい環境を作っています。

 

それほどハードなトレーニングは必要ありませんから、ウォーキングなど軽く体を動かす機会を作りましょう。あとは睡眠環境を充実させること。運動で適度な疲労感を味わえば深い睡眠をとりやすくなります。それがストレス解消に役立つ面もありますから、いろいろな方法を組み合わせながら若年性更年期障害の治療・対策に役立てていきましょう。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

1.更年期対策に最初に使ってみたい人気サプリ

高麗美人 編集部オススメ!

更年期サプリおすすめ

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!
キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

更年期サプリおすすめ

更年期対策に必要なものが全て入った大豆イソフラボンの人気サプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)
>>公式HPで詳しく見てみる!
エクオール+ラクトビオン酸

更年期サプリおすすめ


ほてり、イライラに…婦人科専門医との共同開発から生まれたエクオール配合サプリ
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)
>>公式HPで詳しく見てみる!

2.更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

桂枝茯苓丸

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

当帰芍薬散

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品)

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!