上手にホルモンバランスを整えて更年期を乗り切るには?

更年期と女性ホルモンの関係とは

日本人は平均すると45〜55歳の間辺りに更年期障害が現れる

更年期サプリおすすめ更年期原因

更年期はホルモンバランスの乱れが心身にさまざまな影響を及ぼすことになります。そもそも更年期は閉経の前後10年間、日本人の場合は平均で45〜55歳の間のことで、閉経にともない卵巣機能が低下することでホルモン分泌が減少していくことで更年期障害と呼ばれる症状が起こるのです。

 

10代前半に初潮が訪れてから50歳前後に訪れる閉経まで、女性の心身の健康状態は女性ホルモンが深くかかわる生理周期によってコントロールされているといっても過言ではありません。

 

逆に言えば生理周期をいかに正常に保つことができるかによって心身の健康状態が維持できるかどうかが決まるのです。更年期はそんな生理周期に乱れが生じ、女性ホルモンの働きに変化が生じる時期なのです。

 

更年期ではとくにエストロゲンの存在がクローズアップされます。生理周期はこのエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが周期ごとに分泌量を増減させ、バランスを維持することで成り立っています。

 

生理から卵胞期にかけてはエストロゲンのほうが分泌量が多く優位な状態にあるのですが、その後排卵期を経て黄体期に入るとこの立場が逆転、プロゲステロンの方が多くなって優位になります。

更年期の原因はホルモンバランスが乱れてエストロゲンの分泌が減少する事

更年期サプリおすすめ更年期原因

このバランスがうまく維持されていれば生理周期も正常で自律神経をはじめとした心身の健康も維持できるのですが、更年期になると卵巣機能の低下によってエストロゲンが減少し、バランスに乱れが生じるのです。

 

本来エストロゲンの分泌量が多く優位になっている時期に必要な量が分泌されなければホルモンバランスが乱れ、生理周期全体に影響を及ぼすことになって月経不順の原因をもたらします。

 

閉経が近づくと1ヵ月に何度も生理が訪れる。逆に間隔が長くなってなかなか訪れないといった症状が見られるのもそのためです。さらにエストロゲンは女性の心身の健康を維持する役割もいろいろと担っています。

 

血管を拡張させて血流を維持する働き、自律神経のバランスを保ち感情をコントロールする働き、さらに美肌に欠かせないコラーゲン、セラミドの生成を促し、骨の密度を保ち、内臓脂肪の蓄積を抑制する働きなどなど…更年期にエストロゲンの分泌が減少していくとこれらの働きも低下してしまうため、更年期障害の症状がいろいろと見られるようになるのです。

 

よく更年期には大豆イソフラボンをはじめとしたエストロゲンと似た働きを持つ成分を補うとよいと言われますがそれも女性ホルモンのバランスを改善することがおもな目的です。更年期対策は女性ホルモンを整えるためのもの、といっても過言ではないのです。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

基礎体温でホルモンバランスをチェック

女性は生理周期により基礎体温が異なり心身の状態も変化する

更年期サプリおすすめ生理周期と基礎体温

女性と男性の間には体のメカニズムにさまざまな違いが見られますが、その中でも日常生活の中で大きな差となって見られるのが生理周期と基礎体温です。

 

初潮が訪れた後の女性の体は生理周期の中で基礎体温が変化し、それが健康状態やホルモンバランスと密接にかかわってきます。ですから日ごろから基礎体温を細かくチェックし記録しておくことで生理が乱れていないか、健康状態に異変が見られていないかを確認することもできるのです。

 

女性の基礎体温は大雑把にわけると低温期と高温期に分けることができます。生理がはじまると低温期に入り、一般的な生理周期とされる28日のうち半分、14日間はこの状態が続きます。基礎体温は比較的低めで推移します。

 

その後排卵が終わると今度は高温期へと移行していきます。基礎体温が2〜3℃ほど急激に上昇することが多く、この状態が10〜14日ほど維持されることになります。なお、この低温期と高温期の間に排卵が起こることになりますが、その際には基礎体温が急激に下がることも多く、これが排卵日を判断する目安にもなっています。

 

このように女性の基礎体温は体のメカニズムに合わせてかなりアップダウンを繰り返しているのです。

ホルモンバランスの変化は自覚しにくいので日頃から基礎体温を確認することが大事

更年期サプリおすすめ生理周期と基礎体温

そしてこの基礎体温の周期はホルモンバランスとも密接にかかわっています。

 

簡単に言えばエストロゲンの分泌量が多く優位な状態にあるときには低温期になり、排卵後にプロゲステロンの分泌量が多くなって優位な状態になると高温期になるのです。ですから、基礎体温をチェックすることでホルモンバランスの状態をチェックすることもできるわけです。

 

たとえば高温期に基礎体温があまり上昇しない場合にはプロゲステロンの分泌に何らかの問題がある可能性が高く、逆のパターンだとエストロゲンに問題が出ている可能性が高くなります。

 

エストロゲンが減少すると生理の予定日を過ぎても高温期が維持されることが多く、プロゲステロンが優位な状態が続くことで肌荒れなどのトラブルが起こることもあります。さらに基礎体温がほとんど変化しない場合、無排卵など月経異常の可能性が考えられます

 

ホルモンバランスの変化は自覚が難しく、倦怠感や疲労感、不安定な感情など「なんとなく調子が悪い」症状の形で見られることが多いのが特徴です。

 

そのためどうして対策が後手後手に回ってしまいがち。それだけに日ごろから基礎体温をチェックし、ホルモンバランスが正常に維持されているかどうかを確認することが月経異常やPMS、更年期障害を早めに察知して適切な対策を行っていくうえでの大事なポイントとなるのです。

冷えとストレスは大敵!基本はバランスの取れた食事と良質の睡眠

更年期対策ではホルモンバランスの乱れに繋がるストレスを軽減させるのも効果的

更年期サプリおすすめ冷えとストレス

健康を維持する上で冷えとストレスは大きな障害になります。

 

とくに女性はこの2つがホルモンバランスを乱す要因になり、また逆にホルモンバランスの乱れがこの2つを引き起こすこともあるため、日ごろから予防・改善を意識した対策が求められます。

 

体の冷えはむくみなどの原因となるだけでなく、免疫力・抵抗力の低下も引き起こします

 

女性の低体温が話題になる機会が増えていますが、体温が1℃下がると免疫力は30パーセントも低下するといわれており、風邪やインフルエンザなどの感染症、さらに花粉症をはじめとしたアレルギー症状を発症する原因にもなってしまいます。

 

しかも冷えは血行不良と深くかかわっているため、血液を通して体中に栄養と酸素が十分に行き渡らなくなってしまうとエネルギー不足や新陳代謝の低下をもたらし、倦怠感や疲労感、肌荒れなどの問題を引き起こすこともあります。

 

ストレスも心身の健康を害する大きな問題で、ストレスの蓄積によって脳が緊張状態に陥ってしまうと交感神経が優位な状態が続き、自律神経のバランスに乱れが生じます。

 

更年期はただでさえホルモンバランスの乱れで自律神経が乱れやすくなっているところにストレスが加わることで影響が大きくなり、交感神経が血管を収縮させる作用による血行不良、緊張状態で脳が十分な急速を取れないことによる睡眠障害といった問題を引き起こしてしまいます。

更年期対策で冷えを改善する場合は食事から見直す

更年期サプリおすすめ冷えとストレス

では冷えとストレスはどのように予防・改善していけばよいのか?まずは食生活を見直してみましょう。冷たい食べ物など体を冷やしてしまう食生活を送っていないでしょうか?また糖分・脂肪分が多めの食事になっていないでしょうか。

 

これらの食事は体を冷やすばかりでなく血行不良、さらには動脈硬化の原因にもなります。また更年期の方は大豆イソフラボンなど対策に役立つとされる成分ばかりを摂取するのではなく、栄養バランス全体も意識したうえで充実した食生活を心がけましょう。

 

冷えと血行不良に関しては鉄分不足もかかわっていることが多く、鉄分をしっかり摂取できるかどうかも大事な点です。

 

それから先ほど少し触れた睡眠。睡眠時間を確保するだけでなく、質のよい睡眠を確保できる環境が欠かせません。できるだけ就寝・起床時間を規則正しくする、就寝前にはパソコンやスマホ、カフェインの摂取など脳を刺激することは避けるといった工夫が就寝環境の改善に役立ちます

 

なんとなく調子が出ない、体がだるい、疲れがなかなか抜けないといった悩みを抱えている方はとくにこうした対策を取り入れてみましょう。

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンとエクオール

大豆イソフラボンはエストロゲンの代わりになるので更年期対策に有効とされている

更年期サプリおすすめ大豆イソフラボンとエクオール

更年期の最大の問題点は女性ホルモン、とくにエストロゲンの分泌量が減少することです。閉経に伴い卵巣機能が低下していくなかで分泌量が減少するためで、この減少が急激に進めば進むほど心身にさまざまな影響を及ぼすことになります

 

ですから更年期対策はエストロゲンの減少をいかにうまく和らげていくことができるかがポイントです。更年期障害にはかなり個人差が見られますが、それも卵巣機能の低下とエストロゲンの現象が急激か穏やかかが大きな原因となっているのです。

 

更年期の体のメカニズムの変化は避けられないものですが、こうした仕組みを理解したうえで適切な対策を行っていけば症状を避ける、和らげることは十分に可能なのです。

 

対策方法としては体の衰えそのものをできるだけ防いで卵巣機能の低下を防ぐ、体内でのホルモンバランスを調節する働きを活性化させるといった方法もありますが、もっとも効果的で手軽にできるのが減少していくホルモンを補う方法です。

 

医療機関で更年期障害の治療に用いられているホルモン補充療法もホルモンを補うことで症状の緩和を目指すものですが、日々の食生活でも減少していくホルモンを補うことができます。その代表格がエストロゲンと似た働きを持つ大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは体内でエクオールに変換されることでエストロゲンの代わりとなることが近年判明した

更年期サプリおすすめ大豆イソフラボンとエクオール

そのため大豆製品を摂取する、大豆イソフラボンが配合されたサプリメントを摂取するといった対策が更年期対策に非常に有効と考えられていたのですが、近年になって新たな研究結果が登場したことでその状況にも変化が見られています。

 

大豆イソフラボンは摂取された後、腸内で細菌によってエクオールという成分に変換され、その状態でエストロゲンと似た働きを発揮すると考えられるようになったのです。

 

しかもこの大豆イソフラボンからエクオールへの変換は誰でも行われるわけではなく、変換が可能なのは日本人の2人に1人程度といわれています。つまり2人に1人はせっかく大豆イソフラボンを摂取しても十分な効果が得られない可能性があるわけです。

 

そこで大豆イソフラボンとエクオールを一種に摂取したり、ラクトビオン酸のように体内で大豆イソフラボンがエクオールへと変換されるのをサポートする成分も併せて摂取するといった方法が推奨されるようになっています。

 

これらの成分を併せて配合したサプリメントも増えており、大豆イソフラボンの活用方法が新たな段階に入ったもいえます。またレッドクローバーやブラックコホシュのように大豆以外に含まれているイソフラボンも更年期対策に役立てられる機会が増えており、今後はよりイソフラボンをうまく活用していく対策を取り入れていく工夫が求められそうです。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

1.更年期対策に最初に使ってみたい人気サプリ

高麗美人 編集部オススメ!

更年期サプリおすすめ

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!
キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

更年期サプリおすすめ

更年期対策に必要なものが全て入った大豆イソフラボンの人気サプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)
>>公式HPで詳しく見てみる!
エクオール+ラクトビオン酸

更年期サプリおすすめ


ほてり、イライラに…婦人科専門医との共同開発から生まれたエクオール配合サプリ
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)
>>公式HPで詳しく見てみる!

2.更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

桂枝茯苓丸

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

当帰芍薬散

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品)

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!