ホルモン療法以外に更年期の治療法はありますか?

日常生活の中で自分で行う更年期対策では十分な効果が得られない、または症状がかなり重い場合には医療機関での治療も必要になります。そんな医療機関で行われる更年期の治療といえばホルモン療法ですが、この治療法には副作用のリスクがある、体質や過去の病気の既往歴によってできないこともあるなどデメリットもあります。

更年期の治療には漢方や薬の投与が行われることもある

更年期サプリおすすめ

ホルモン補充療法が適さない、またはやりたくない場合には他の方法を模索しながら治療を行っていくことになります。

 

「模索する」というのはホルモン補充療法を行わない場合にはこの方法がいい、というものがなく、ひとりひとりの症状や体質に合わせて適切なものを選んでいく必要があることを意味しています。ですから治療法の選択しはいくつかあり、ひとりひとりどれが適しているかが異なってきます。

 

まず漢方治療。近年になって積極的に医療機関でも用いられる機会が増えており、ホルモン補充療法と併用しながら治療を行っていくこともあります。漢方は生薬を使用するのでホルモンをそのまま投与するホルモン療法に比べて副作用のリスクが少ないのが大きなメリットです。

 

「当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)」「加味逍遙散 (かみしょうようさん)」といった漢方薬がよく使用されます。むくみや関節痛、むくみなどの身体症状に対してとくに効果が期待できる方法です。

 

ただし、ひとりひとりの症状にあわせて適切な漢方を選ぶ必要があること、副作用のリスクが少ない分即効性が期待できないことなどのデメリットもあり、漢方に関して詳しい医師のもとで行っていくことが重要になってきます。

更年期の治療として医療機関でサプリを投与されることで副作用や飲み合わせが考慮される

更年期サプリおすすめ

医療機関で行われる治療では症状を個別に緩和するための薬を投与する方法もあります。とくに多いのが精神面のトラブルを緩和するための抗うつ剤や精神安定剤の使用です。

 

イライラや倦怠感といった辛い精神状態だけでなく吐き気などの身体症状を緩和する手段としても有効です。そのほか高血圧や糖尿病のリスクが見られる場合には血圧を下げる薬なども使用されます。

 

あとはサプリメント。自分で更年期対策用のサプリメントを使用している方も多いでしょう。自律神経を整える働きを持つプラセンタ、エストロゲンと似た働きを持つ大豆イソフラボンやザクロエキスといった成分を摂取することで改善効果が期待できます。

 

医師と相談して適切なサプリメントを服用していくことでより高い効果が得られるだけでなく、過剰摂取や飲み合わせによる副作用のリスクを防ぐこともできます

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

1.更年期対策に最初に使ってみたい人気サプリ

高麗美人 編集部オススメ!

更年期サプリおすすめ

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!
キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

更年期サプリおすすめ

更年期対策に必要なものが全て入った大豆イソフラボンの人気サプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)
>>公式HPで詳しく見てみる!
エクオール+ラクトビオン酸

更年期サプリおすすめ


ほてり、イライラに…婦人科専門医との共同開発から生まれたエクオール配合サプリ
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)
>>公式HPで詳しく見てみる!

2.更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

桂枝茯苓丸

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

当帰芍薬散

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!
私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品)

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!