ホルモン療法とはどういうものですか?

更年期障害の治療によく用いられているのがホルモン療法です。この治療法は外から意図的にホルモンを補充することによって症状の緩和を目的としています。

症状の緩和はエストロゲンの減少のペースを和らげることができるかが鍵

更年期の問題は卵巣機能の低下によってエストロゲンが減少していくことです。

 

それによってホルモンバランスが乱れるほか、それを調節するために脳下垂体が活性化して自律神経が乱れてしまうのです(※参照:ホルモンバランスとサプリ)。

 

更年期障害の程度にはかなりの個人差が見られますが、その理由はエストロゲンの減少のペースが速いか遅いかにかかってきます。急激に減少していく人ほど症状が重く、多岐に渡るのです。

 

逆に言えばいかにエストロゲンの減少のペースを和らげることができるかが鍵となるわけです。ホルモン療法は外からエストロゲンを補う形でその対策を行うのです。

 

ただ、この治療法には副作用のリスクが伴います。過剰に補充することでかえって悪影響を及ぼすようなことがないよう、容量・用法を慎重に定めたうえで行っていく必要があるのです。

ホルモン療法の治療には副作用やや長期間の継続などのリスクが

更年期サプリプラセンタ

そのため、事前に血液検査や乳がん検診、子宮・卵巣の検査などを行ったうえで行われます。

 

投与方法も症状や投与期間によってエストロゲンのみの投与や黄体ホルモンとの連続使用など細かい内容が決定されます。

 

ホルモンを補充する薬には内服薬のほか、貼り薬、塗り薬が用意されています。基本的には補充する量が多い場合には内服薬、低容量で済む場合には貼り薬・塗り薬が使用されます。貼り薬・塗り薬は肌から吸収される形で補充することになります。

 

健康に害をもたらすことなく行っていくためには最低でも3ヵ月以上は継続継続する必要があること、効果が実感できないからといって途中でやめてしまうと副作用だけを抱えてしまうこともあります。

 

またこの治療法に頼らず、生活習慣の改善など自分でできる対策方法も行っていくことも大事です。副作用などの問題が指摘される一方、治療技術や薬剤の品質向上によって安全性と効果両方の向上も見られます。

 

日々の対策ではなかなか更年期障害が緩和されない人は医療機関でのホルモン療法も検討してみるとよいでしょう。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

更年期対策に最初に使ってみたい人気サプリ

キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

更年期サプリおすすめ

更年期はこのサプリから!更年期対策に必要なものが全て入った大豆イソフラボンの人気サプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる
エクオール+ラクトビオン酸

更年期サプリおすすめ


ほてり、イライラに…婦人科専門医との共同開発から生まれたエクオール配合サプリ
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる
白井田七(しらいでんしち)

白井田七

更年期の健康と美容に累計10万本!楽天ウイークリー1位の人気和漢サプリ
6,480円→3,980円税別(定期初回価格)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる
高麗美人

更年期サプリおすすめ

サポニンは大豆の7.7倍!乱れがちな40代からの美容と健康に役立つサプリ
3024円税込→2721税込(定期コース)
>>公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる