更年期障害に効く漢方にはどのようなものがある?

もっともよく知られた更年期障害の治療法といえばホルモン補充療法。しかしこの治療方法では副作用のリスクがあるなど、必ずしも理想的な選択肢とはいえない面もあります。

3種類に分けられる更年期障害のタイプ

そのため、より安全に治療を行っていける選択肢として漢方薬が注目を集めています。副作用のリスクが少なく、また健康の土台から改善していくことができるため、更年期障害の対策に適していると言われているのです。

 

更年期障害は心身にさまざまな問題を引き起こすため、対症療法的な西洋医学よりも漢方の方が対処しやすい、という意見もあります。

 

漢方の分野で更年期障害を多く3種類に分類しています。まず「虚症」。これは冷え性でむくみやすい人にみられるタイプで、腰痛や体力の低下、肩こり、耳鳴り、頭痛、貧血と言った症状が見られます。この虚症に効果を発揮すると言われるのが当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。

 

それから「中間症」。こちらは精神面に影響が出やすいタイプで、イライラや不安感などに晒されるほか、頭痛、めまい、貧血、食欲不振といった症状が良く見られます。この中間症に効果が得られるといわれるのが加味逍遥散(かみしょうようさん)です。

更年期対策で漢方を使用する場合は自分の体質に合ったものを選ぶことが大事

3つ目が「実証」。こちらは顔のほてりやのぼせがよく見られるタイプです。他にも肩こり、便秘、腰痛、冷え、月経痛といった症状が見られます。このタイプでは桂枝茯苓丸(けいしぶくしりょうがん)です。

 

大事なのは「更年期障害にはこの漢方が効く」といった情報に踊らされることなく、自分の体質にあったものを選ぶこと。

 

今回取り上げた3種類のタイプでは体力がなく、肌荒れを起こしやすい人や寒がりで冷えやすい人は「虚症」の可能性が高く、体力が合って血色が良い人は「実証」によく見られます。素人が判断するのは難しい面もあるだけに1度専門家に相談してみるとよいかもしれません。

 

医療機関でも漢方を活用して治療を行うところが増えています。辛い更年期障害の症状に悩まされている人は漢方を活用した対策方法を検討してみてはいかがでしょうか。

更年期サプリメント口コミ人気ランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれる効果があると言われているので、「上半身ののぼせ」「足の冷え」を感じるタイプの更年期症状の改善に適しています。
また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや、しみ・にきびにも効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPへ

 

私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品

当帰芍薬散

女性の不調に効く6つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に血行を促し、余分な水分を取り除く効果があると言われているので、貧血ぎみでお悩みの方や、生理周期が一定しない・遅れ気味などの月経トラブルや、手足が冷たいなどの冷え性、むくみやすいといった女性特有の症状に効果的です。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPへ

 

私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品)

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品

加味逍遙散

女性の不調に効く10の有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特にホルモンバランスを整える効果や、血液のめぐりを良くする効果があると言われているので「ストレスを感じやすくイライラする」「ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)」をよく感じるタイプの更年期症状の改善に適しています。また、「不眠症」の改善に効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPへ