更年期のイライラとうつ記事一覧

更年期は閉経の前後10年間ほどのことを言います。日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳といわれていますが、45歳〜55歳くらいまでが一般的な更年期の時期となります。この時期には更年期障害と呼ばれる症状が心身のさまざまな部分に生じ日常生活にさまざまな影響を及ぼすようになります。更年期のそもそもの原因はエストロゲンの分泌量が減少するからどうして更年期などというものが起こるのでしょうか。これは女性の体のメ...

更年期になると急にイライラするようになってしまう症状も見られます。以前ならとくに気にならなかったことに対してすぐイライラしてしまう、さらには怒りを我慢できずにぶつけてしまうなど自分で自分の精神状態をコントロールできなくなってしまうことも多く、人間関係にも悪影響を及ぼすなど非常に厄介なものです。イライラには身的要因と環境的要因の2つに分かれるこの更年期のイライラの原因は大きく分けると体のメカニズムに...

更年期のイライラはますます落ち込む原因を作ってしまうだけでなく、周囲の人間関係を悪化させてしまう原因となるだけにできるだけ早い段階での対策が求められます。エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンの摂取が手軽更年期のイライラはエストロゲンの減少が大きな原因となるため、まずその減少をできるだけ食い止める工夫が必要です。もっとも手軽にできる対策法は大豆イソフラボンの摂取です。この成分にはエストロゲン...

更年期うつは更年期に生じる精神症状の中でももっとも厄介で深刻なもののひとつです。最悪の場合、更年期が過ぎた後も回復せずにそのままうつ病を抱え続けてしまうこともあります。外的要因か自律神経の乱れで引き起こされるか、原因が異なるそんな更年期うつと通常のうつ病との最大の違いは原因にあります。通常のうつ病は日常生活がもたらすさまざまな精神への影響が原因で発症するものです。仕事をクビになった、経済的な苦境で...

更年期のうつはできるだけ早い段階での対策が必要といわれます。もともとは卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少によって表われた症状が悪化すると本当のうつに発展してしまうこともあるからです。ただイライラしたり無力感・絶望感に晒されるといった不安定な精神状態に晒されやすい更年期のうつは対策がままならない面もあるため、症状の改善が見られない場合には医療機関での治療も検討する必要が出てきます。通常のうつより...

更年期の症状は心身両面に及ぶほか、個人差や時期によって違いが出るため見極めが難しい面もあります。ある人は体への影響が大きく、別の人は精神に大きな影響が見られるといったケースも少なくありません。極端に表れる症状の代表格はのぼせやホットフラッシュそんな更年期に見られる具体的な症状の代表格がホットフラッシュや紅潮、のぼせです。かなり極端に症状が表われ、しかも生活に支障をきたすので非常に厄介です。これはエ...

更年期の症状を和らげるためにはできるだけ早い段階から対策を行っていくことが大事です。しかし更年期の症状は急に起こるわけではなく、また初期の症状は体調不良や疲労・ストレスの蓄積によって起こる症状と共通しているものが多くなかなか見極めが難しい面もあります。普段のちょっとした変化に気にかける事が更年期に気づきやすくなるそんな更年期の見極めでは日々の生活の中でセルフチェックを意識して行っていくことが重要で...

日本人女性の平均閉経年齢は50歳ですから更年期は45歳くらいから始まることになります。人によっては40代前半から見られることもありますが、いずれにしろ40代の更年期は初期段階から本格的な段階への過渡期とあるといえます。それだけにこの時期によく見られる症状は初期段階に見られるものが多いのが特徴です。日常では大きな変化が見られないので、更年期と気づきにくい40代によく見られる症状の筆頭は頭痛や頭が重く...

50代は更年期の後期にあたります。早い場合には前半の段階で終わりますし、逆に遅い場合には50代に入ってから症状が本格化するケースも見られます。それだけにひとりひとりの症状に併せた対策が重要です。ホットフラッシュや多汗などの症状が極端に現れやすくなる閉経期に達してエストロゲンが急激に減少しやすい時期だけに症状がかなり極端に表われることが多いのも50代の特徴です。とくに注意したいのが紅潮やホットフラッ...

更年期は通常50歳前後の10年の間に起こりますから、60代に見られる症状は更年期によって生じた体の変化がもたらす影響となります。ですから対策においても更年期そのものではなく、体の状態をよく見極めたうえで日々の健康管理に努めることが大事になってきます。エストロゲンの減少で骨粗鬆症になりやすく、結果的に骨折もしやすくなるもっともよく見られる症状で注意したいのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症の患者の大半...